龍谷大学の特徴 龍谷大学の特徴

龍谷大学の特徴

龍谷大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

龍谷大学の入試の難易度

龍谷大学の入試の難易度ですが、理系学部よりも文系学部の方が5つ程平均して偏差値が高いです。大体50前半くらいの偏差値があれば、どの学部に挑戦しても受かる可能性が十分あります。

ここは、一般入試A・B日程で高得点科目重視方式という採点方法を導入している特殊な大学です。

出願時の段階で採点方式を選択する必要はなく、合計得点又は、高得点を出した科目を2倍に計算してそのどちらかで合否を決めます。このため、得意科目が2つ以上あれば、上記の採点方法を用いて楽に合格することが出来ます。

逆に得意科目が無い人はまんべんなく7割以上採るか、勉強時間を倍にして得意科目を作った方がいいでしょう。

それほど難しくはありませんが、早く合格通知が欲しい人は常時7割を目指して受験勉強しましょう。

龍谷大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

龍谷大学は、1639年(寛永16年)に西本願寺が設立した「学寮」を起源にしています。浄土真宗西本願寺派と結びつきが強い仏教系の大学です。

日本最大の宗派の大学ですから、寺を継ぐために入学してくる新入生が多くいるのが特徴です。

歴史のある大学で音楽関係者にビッグな芸能人がいます。ミュージシャンとして、みんなが知っている名曲を残した二人がいます。

まず加藤和彦さんですが、ほとんどの日本人が知っている「あの素晴しい愛をもう一度」を作曲しています。もう一人がやしきたかじんさんです。

関西弁を使い関西を舞台にした楽曲が多く、関西人はたかじんさんの歌はカラオケのレパートリーに必ず1曲はあるいわれています。ただし、二人ともに龍谷大学を中退されています。

龍谷大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

龍谷大学出身のスポーツ選手は数多くいますが、プロ野球選手が特化しています。今日までに20人以上もプロの世界へ送り出し活躍されました。

代表的なプロ野球選手としては、正津投手や永川投手、大島選手や山本樹選手などがいます。

龍谷大学出身のスポーツ選手は、サッカー選手やレーシングドライバー、ラグビーやプロボクサー、陸上選手に至るまで多種多様のスポーツからトップアスリートが輩出されています。

また、龍谷大学ではスポーツサイエンスコースがあり、スポーツ諸事象に関する人文や等の履修もあり、スポーツに関する多様な知識を入れながら学生の資質を育てています。

その他として、龍谷大学には体育局があり相撲部や剣道部、弓道や卓球部など約40もの部活から成り立ってスポーツの強化を行っています。